【2022年最新版 Air Glass from OPPO】約30gでナビや翻訳が可能な単眼スマートグラスが発表

ガジェット

こんにちは、川ぐりです。

今回は、近未来ガジェット好きにはたまらない製品を紹介させていただきます!

その製品とは、オンラインイベント「OPPO INNO DAY 2021」で発表されたスマートグラス「OPPO Air Glass」

この情報が出たとき、かなり興奮しました笑

なので、今回は「OPPO Air Glass」がどういった製品なのか紹介させていただきます。

では、さっそく、

image:エンガジェット
スポンサーリンク

商品情報

OPPO Air Glass
image:ITmedia

まず、OPPO Air Glassとは、OPPOのスマートフォンやスマートウォッチと連携して、さまざまな情報を取得できる単眼のスマートグラスです。

同社はAir Glassで先進的な“aR体験”ができるとアピールしている。「aR」とは、「assisted Reality」を意味し、日常生活をサポートすることを目的としている。

スポンサーリンク

Air Glassの主な特徴

image:エンガジェット

自然からインスピレーションを受けた薄くて軽いデザインで、 なだらかな曲線を描き、軽量かつムダがない!

総重量は約30g!普通の眼鏡の平均的な重さは35gと言われています。

業界で最も軽い単眼導波路デバイスの1つであり、まるで普通の眼鏡のような着け心地を実現している!

さらに、ユニークで人目を引くデザインは、実際に使用していなくても、普段着として使えるスタイリッシュなハイテクアクセサリーでもある。

②革新的な単眼鏡に導波管を備えた「単眼導波路レンズ」デザインを中心に設計されている。

③レンズには、Qualcomm Snapdragon Wear 4100プラットフォームが搭載されている。

④フレームは、CNC技術を駆使し精密に製造された。

⑤独自開発のSpark Micro Projector(スパークマイクロプロジェクター)、最先端のマイクロLED、5つの高透明ガラスレンズは、前衛的なaR体験を提供してくれるはずだ。

⑥屋内外でも、明るく鮮明なaR体験を保証

ディスプレイシステムの中心は、OPPO独自開発のSparkマイクロプロジェクターだ。業界で最小レベルのプロジェクションシステムはわずか0.5ccと、コーヒー豆とほぼ同じサイズ。

image:エンガジェット

4種類のインタラクティブな操作で使用体験をより一層高める。

ソフトウェアがColorOS 11以上で、「Smart Glass」アプリをインストールしたOPPOのスマートフォンとペアリングすれば操作が可能だ。また、タッチ、音声、手と頭の動きによる4種類の直観的な操作にも対応。

OPPO Watch 2とペアリングすることで、ユーザーは手の動きにより、キャンセルや確認、あるいはアプリを切り替えることができる!さらに、頭の動きを認識して、それに応じた操作も可能。たとえば、頭を軽くうなずいたり振ったりすることで、通知を開いたり閉じたりもできるという。

近未来すぎる、、。笑

カラー

デバイス本体とフレームは、ともに2色展開

発売に関して

2022年第1四半期に中国で発売する予定!

しかし、日本での発売は未定です。

価格

価格に関しても、まだ未定。

上記サイトは英語表記なので、日本語表記にしてみてみてください!

まとめ

今回は、単眼スマートグラス「OPPO INNO DAY 2021」を紹介させていただきました。

中国だけでの発売なので、日本で試せないのはかなり残念ですね。

日本で体験できるようになったら、ぜひ体験したい商品だと感じました。笑

みなさんはこの製品の魅力を感じましたでしょうか?

感じてくれていたら嬉しいです!

ご覧いただきありがとうございました。

【近未来&便利グッズ】Instagramで紹介しています!ぜひご覧ください。

コメント


Warning: Undefined array key "title_social_follow" in /home/guri0919/kinmirai-benri-hacks.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/widgets/sns-follow-buttons.php on line 26
タイトルとURLをコピーしました